【どこで買うべき?】2024年レッツノート中古おすすめモデル4選と選び方の注意点

PR

【どこで買うべき?】2024年レッツノート中古おすすめモデル4選と選び方の注意点

レッツノート欲しいけど、新品が高すぎて手を出せない…。

中古のレッツノートってどうなの?安く買えるならそっちでも良いかも。

レッツノートは法人用のノートパソコンですが、頑丈さやタッチパッドの使いやすさなどから個人用としても人気のパソコンです。
しかし、新品の価格が約30万円~とかなり高く、中古を選択肢に入れる人も多いと思います。

中古ならレッツノートを新品の半額以下で購入することができますが、コスパの良いモデルや中古ショップを知っておくとさらにお得です。

この記事では、レッツノートを中古で買うのはお得な選択なのか?についてや、最新の狙い目モデルを解説。

この記事を読めば、初めてパソコンを買う初心者の人でもコスパの良いレッツノートを中古で手に入れる方法がわかります。

私が持つパソコンパーツの知識やこれまで中古パソコンを購入してきた経験を活かして書いてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

2024年おすすめ狙い目モデルモデルの特徴・オススメできる人中古の価格相場

LET’S NOTE CF-SV8(2019)
価格と性能のバランスが良い
大学生やフリーランス向け
4~7万円

LET’S NOTE CF-LV8(2019)
大画面モデル
制作作業にも使いやすい
5~8万円

LET’S NOTE CF-SV7(2018)
コンパクトで使いやすい
とりあえず安く手に入れたい人に
3~5万円

高価なPCだからこそ信頼できるショップで

【厳選4モデル】2024年の中古レッツノートおすすめモデル

大学生・フリーランス向け中古モデル

大学生やフリーランスにおすすめなのは、価格と性能のバランスがとれたモデルです。
使い方によりますがトップクラスの性能が求められることは少ないので、手に入れやすい価格帯のものを選ぶとよいでしょう。

スタンダードモデルのLET’S NOTE CF-SV8(2019)や、タッチパネル対応のLET’S NOTE CF-QV8(2019)が価格もこなれてきており、そこそこの性能で使いやすいです。

LET’S NOTE CF-SV8(2019)

LET’S NOTE CF-SV8(2019)の特徴

  • レッツノートのスタンダードモデル。
  • 同世代のノートパソコンと比べると高めのスペック。
  • コンパクトサイズで持ち運びに適している。
  • 打ちやすいキーボード。
  • 顔認証カメラ(Webカメラ)とUSB Type-C端子を搭載。
  • 本体価格相場は4~7万程度。

LET’S NOTE CF-QV8(2019)

LET’S NOTE CF-V8(2019)の特徴

  • タッチパネル対応モデル。
  • モバイルノートとして必要十分なスペック。
  • 折りたたんでタブレットとしても使える。
  • カバンに収まりやすいコンパクトサイズ。
  • 豊富なインターフェース。
  • 本体価格相場は5~7万円程度。

クリエイター向け中古モデル

レッツノートを使って制作作業をするなら、画面の大きいLVシリーズが候補になるでしょう。
価格の落ち着いてきているLV8(2019)がおすすめ。

野村
野村

とはいえレッツノートは全体的に小さいので、大画面モデルでも14インチ程度。
ノートパソコンの平均サイズぐらいです。

レッツノートにはGPU搭載モデルが無いのでグラフィック関係の作業には向いていないですが、コーディングなど3D素材を使わない用途ならこなすことができます。
CPU性能は他のノートパソコンに比べて高めなので、ストレスなく作業が行えるでしょう。

LET’S NOTE CF-LV8(2019)

LET’S NOTE CF-LV8(2019)の特徴

  • 編集作業やコーディングがしやすい大画面モデル(14インチ)。
  • 同世代のノートパソコンと比べると高めのスペック。
  • 豊富なインターフェース。
  • 打ちやすいキーボード。
  • 他のモデルと比べると大きいが、約1.3kgと軽量。
  • 本体価格相場は5~8万円程度。

とにかく安くレッツノートを手に入れたい人におすすめの中古モデル

「とりあえず安くて使えるレッツノートが欲しい!」と考えている人はできるだけ古い機種を探したくなるかもしれませんが、あまりに古いものはやめておきましょう。

最低でも、2018年以降のモデルがおすすめです。

新しいほうが性能が良いのはもちろん、Windows11にアップグレード可能なモデルも多く、セキュリティ面でも安心できます。

LET’S NOTE CF-SV7(2018)

LET’S NOTE CF-SV7(2018)の特徴

  • レッツノートのスタンダードモデル。
  • 少々古いが普段使いには問題ないスペック。
  • SV8よりも1年古いだけで値段がグッと下がる。
  • コンパクトサイズで持ち運びに適している。
  • 打ちやすいキーボード。
  • 顔認証カメラ(Webカメラ)とUSB Type-C端子を搭載。
  • 本体価格相場は3~5万円程度。

レッツノートのシリーズ毎の特徴について

レッツノートには様々なシリーズがありますが、大まかに分類すると、

  • スタンダードモデル(SVやSRなど)
  • 大画面モデル(LVやFVなど)
  • タッチパネル対応モデル(QVやQRなど)

に分けることができます。
シリーズ毎の特徴について、表でまとめてみました。

シリーズ名分類主な特徴発売年型番と発売年


SV
スタンダード12インチ液晶
光学ドライブ搭載
重量約1kg
顔認証カメラ
USB Type-C端子搭載
PowerDelivery対応
2018~2023SV7[2018]
SV8[2019]
SV9[2020]
SV1[2021]
SV2[2022~2023]

SR
スタンダード2022年~発売の新モデル2022~SR3[2022~2023]
SR4[2023~2024]


LV
大画面14インチ液晶
光学ドライブ搭載
重量約1.3kg
豊富なインターフェース
USB Type-C端子搭載
PowerDelivery対応
2018~2021LV7[2018]
LV8[2019]
LV9[2020~2021]

FV
大画面2021年~発売の最新モデル2021~FV1[2021~2022]
FV3[2022~2023]
FV4[2023~]


RZ
タッチパネル対応10インチ液晶
タブレットとしても使える
カバンに収まるサイズ
745kg前後の超軽量
2017~2021RZ6[2017~2018]
RZ8[2019~2021]

QV
タッチパネル対応12インチ液晶
薄型ボディ
重量1kg未満
スタイラスペン使用可能
2019~2023QV8[2019~2020]
QV9[2020~2021]
QV1[2021~2023]
QRタッチパネル対応2024年時点の最新モデル2023~QR4[2023~2024]

これから中古でレッツノートを買うなら、2018年~2021年に発売されたSV、FV、QVがおすすめです。
型番の数字(世代)で言うと、7~9あたりとなります。(SV8など)

レッツノートが他のパソコンより優れているポイント

便利なタッチパッド

どのノートパソコンにもついているタッチパッドですが、レッツノートのタッチパッドは特徴的な円形となっています。

この円の外周を指でくるくるとなぞることで画面を上下左右にスクロールできるようになっており、マウスを使わなくてもスムーズに画面をスクロールさせることが可能です。

野村
野村

Webサイトやエクセルなど、縦に長くなりがちなページを閲覧する場合に便利。

マウスを持ち運びたくない人や、膝上に乗せて作業することが多い人にとっては使いやすい機能となっています。

コンパクトで持ち運びしやすいサイズ

レッツノートは持ち運びを前提につくられており、とくにその画面サイズは10.1~14インチ程度とかなりコンパクトになっています。

野村
野村

レッツノートで最も大きな14インチがノートパソコン全体の平均サイズなので、かなり小さめです。

カバンに収まりやすい大きさ、かつ1kg程度と軽いので、気軽に持ち運びができるノートパソコンとなっています。

堅牢性(丈夫さ)

レッツノートは厚みがあって流行りのデザインというわけではありませんが、その分丈夫で故障しにくいノートパソコンです。

持ち運びを想定した耐久テストをクリアしており、落下時の故障率は10%以下というデータもあります。

Panasonic Store Plus-ビジネスの現場を知り尽くしたLet’s noteの品質試験

また、国内生産にこだわっている点も質の高さの要因です。
神戸にある工場内で組み立てから検査まで一貫して製造されているため不良品も少なく、その安定した品質が法人向けパソコンとして人気の理由のひとつとなっています。

野村
野村

本体に多少使用感があったとしてもへたりにくく、中古で購入した場合も長く使うことができます。

バッテリー性能の高さ

レッツノートはバッテリー駆動時間が長く、外出時の作業に最適なノートパソコンのひとつです。

スタンダードモデルであるSVシリーズのバッテリー駆動時間は20時間以上となっており、まる1日充電せずに使うことができます。

さらに、レッツノートは工具無しで古くなったバッテリーを交換できるのもポイント。
電池を外すくらい簡単にバッテリー交換が可能なので、中古でもバッテリーのへたりは怖くありません。

野村
野村

交換用のバッテリーは10,000円程度で購入できます。
Amazon等でも取り扱いアリです。

豊富なインターフェース

レッツノートはビジネス用に拡張性を重視してつくられているため、どのモデルもインターフェースが豊富なのが特徴です。
レッツノートに搭載されている端子は、例えば以下のようなものがあります。

  • USB3.0(Type-A)
  • USB3.1(Type-C)
  • HDMI出力
  • VGA出力
  • SDカードスロット
  • オーディオ端子

さらに、モデルによっては光学式ドライブを備えている場合もあり、パソコンに求められている機能を1台でこなすことができるのが強みです。

レッツノートを中古で買うメリット

安い以外にも、レッツノートを中古で買うメリットをいくつか挙げることができます。

  • 限られた予算内で最高のスペックを手に入れることができる。
  • 購入後すぐ使用することができる。
  • レッツノートは平均よりも使用年数が長い。
  • 廃棄パソコンを減らせるので環境に優しい。

それぞれ詳しく説明していきます。

限られた予算内で最高のスペックを手に入れることができる

予算が限られている場合、新品よりも中古の方が高いスペックのレッツノートを購入することができます。

例えば予算が10万円の場合、新品パソコンだと初心者向けの低スペックなものしか買えません。
一方で中古なら、10万も出せばハイスペックパソコンが視野に入ってきます。

とくにレッツノートは新品と中古の価格差が大きく、新品が安くても30万円程度なのに比べ、中古は4年前ぐらいの型落ち品なら5~7万円で購入することが可能です。

野村
野村

少し古いことさえ許せれば、予算内に収めた中で最高スペックのパソコンが手に入ります。

関連記事>>【初心者でも買える】中古パソコンのスペックを目的に合わせて選ぶ方法について簡単解説

購入後すぐ使用することができる

中古パソコンは在庫のあるものしか販売されていないので、購入後すぐに納品されるのがメリットです。

Lenovoは海外のメーカーなので、新品のThinkPadを注文するとオーダーを受けてからだいたい10日、在庫が無ければそれ以上に時間がかかる場合もあります。

また、中古パソコンは初期設定が済んでいるものも多く、届いた後はすぐ使用することができます。

関連記事>>【初心者要チェック】中古パソコンを買ったらまずやっておくべき初期設定を解説

レッツノートは平均よりも使用年数が長い

レッツノートは他のノートパソコンよりもかなり頑丈につくられており、故障しづらいのが特徴のひとつ。

一般的なノートパソコンだと平均使用年数は約5年程度だと言われていますが、パナソニックが行ったアンケートによるとレッツノートの平均使用年数は6年以上というデータも出ているそうです。

一般的なノートパソコンの使用年数は5年程度と言われていますが、当社が購入者様を対象に行ったアンケート調査では、レッツノートの平均ご愛用年数は6.04年という結果になりました。

他社がコストカットを求めて海外に生産拠点を移す中、レッツノートは品質に妥協せず、国内生産にこだわり続けています。基板の実装から組立や検査まで、一拠点で厳しく管理。製品へのこだわりが、この結果に繋がったのだと考えています。

レッツノートの買い替え時期について解説 – Panasonic Store

環境に優しい

中古パソコンを購入することで、本来なら廃棄されていたかもしれない資源を再利用し、SDGsに貢献することができます。
パソコン処分の際に出るCO2の削減や、パソコンに使われているレアメタルの採掘量を少なくできる、などが環境問題に貢献できる理由です。

平均的なデスクトップパソコンとモニターを製造するためには、“1.8トンの水、化石燃料、化学物質”が必要になると言われ、およそ車1台分の資源を消費することと同等です。
さらには、パソコンパーツが高度になるにつれ、製造に使われる素材にも純度の高い、より資源を消費するものが要求されるようになっています。

「パソコンを中古で再利用する=パソコンが廃棄されるまでのサイクルを長くする」ことが資源の無駄な消費を減らし、未来の環境にプラスとなってくれるでしょう。¥

中古レッツノートを購入できるショップまとめ

中古レッツノートを買うことができるのは、主に以下のような場所です。

  • リサイクルショップ
  • Amazonや楽天などのショッピングサイト
  • フリマアプリ
  • 家電量販店
  • 中古パソコンの専門店

それぞれについて、詳しく見ていきます。

関連記事>>【最もお得なのはどこ?】中古パソコンはどこで買うのがオススメ?

中古パソコンを扱うショップオススメ度コスパ安全性


リサイクルショップ
店舗を巡ればコスパの高いパソコンに出会える可能性は高い。しかしパソコンのクリーニングなどセキュリティで不安点も  

Amazonや楽天
種類が豊富で探せばいいものもあるが、出品者を見分ける目が必要  


フリマアプリ
一見安いがスペックは低く、セキュリティ面のリスクも高い  

家電量販店
リスクはゼロと言ってもいいが、値段を見ると性能面のコスパは悪い  

中古パソコンの専門店
コスパが比較的高く、保証付なのでリスクも低い  
野村
野村

上記の他に、一般社団法人が運営するパソコン譲渡会などもあります。

関連記事>>【官公庁払下げ】パソコン譲渡会は怪しい?詐欺と言われる評判の理由とは

リサイクルショップ

リサイクルショップは、自分で実際に商品をチェックして目利きする自信があればオススメです。

リサイクルショップの値札などを見ればわかると思いますが、最低限のスペックしか見れないですし、状態も動作するか・しないかぐらいしか書かれていません。

店頭で売られているパソコンは持ち込まれたものを査定しているのだと考えられますが、パソコンの専門店でもないのに詳しく中身や状態をチェックできているとは考えづらいです。

野村
野村

その分、逆に値段と状態が見合っていない掘り出し物があるということもあるかもしれませんが…。

パソコンクリーニングの技術もさすがに専門店には劣ると考えられるため、中にはウイルス感染しているパソコンがある可能性もあります。

よって、基本はおすすめしませんが、パソコンの知識がある人なら1度足を運んでみるのもアリです。

Amazonや楽天などのショッピングサイト

Amazonや楽天をはじめとする大きなショッピングサイトで中古パソコンを買うなら、出品者がどのような業者か見分ける目が必要です。

リサイクルショップや、後述するフリマなどに比べるとスペックも詳しく見れますし、商品数も豊富でお得に買えそうな印象がある大手ショッピングサイト。

しかし、出品自体はハードルが低く、やろうと思えば個人でも出品できるのが気になってしまいます。

野村
野村

中には、Amazonの評価が高い業者のアカウントを購入し、その評価を利用して粗悪品を売りつけるような場合もあるそう。

関連記事>>Amazon整備済み品中古パソコンをおすすめできない5つの理由【口コミ・評判まとめ】

パソコンを目利きする目に加えて、ネットショッピングに慣れている人なら掘り出し物目当てで覗いてみるのも良いでしょう。

フリマアプリ

メルカリやラクマをはじめとするフリマアプリでも中古レッツノートの取り扱いがありますが、私としてはオススメできません。

安いものだと1万円台からの激安パソコンが並んでおり、一見かなりお得そうに見えますよね。

野村
野村

しかしスペックを詳しく見てみると、そのほとんどがまともに使えないような性能のパソコン。

加えて、誰が販売しているかわからないパソコンであるため、ウイルス感染しているリスクがゼロとは言い切れないのが大きな問題です。

安いものもありますが、フリマアプリでレッツノートを買うのはオススメできません。

家電量販店

家電量販店の中古パソコンはフリマとは逆に安全性は高いですが、コスパがよくありません。

安全性については、大きな店舗なのでパソコンのクリーニング作業はしっかりしていますし、だいたいは保証もついてきます。

しかしコスパの面で見ると、家電量販店は立地、人件費などの運営コストを販売価格でカバーしなければならないため、ネットだけで運営しているショップと比べると全体的に価格が高くならざるを得ません。

よって、リスクが低いものの、わざわざ中古を買うほどコスパは高くないのでオススメはしません。

中古パソコンの専門店

コスパが良く、安全性も高い選択肢が中古パソコンの専門ショップで購入することです。

コスパについてですが、他のショップに比べて専門店であるため値段設定が正確であるという点が挙げられます。
極端に安い商品は無いですが、安定した価格で中古パソコンを購入することが可能。

また、パソコンの初期化も徹底して行われており、ウイルスの心配などもありません。

コスパとセキュリティ面のバランスが良いため、最もオススメできる選択肢です。

中古パソコン専門店でレッツノートを買うべき理由

レッツノートを購入するうえで最もオススメなのは中古パソコンの専門店です。

なぜ「中古パソコンの専門店」がオススメなのか

  • パソコンクリーニングを徹底して行っている。
  • 中古専門店ならではの修理保証やサポートがついている。
  • スペックやパソコンの状態などを細かく見ることができる。

とくに、パソコンクリーニングの質と、サポートが充実している点がオススメできるポイント。

中古パソコンの専門店では仕入れたパソコンを分解し、動作をチェックしながらきちんと清掃。
その中でデータ上書き用のソフトを使用し、パソコンを出荷時の状態に戻すデータクリーニングも行われます。

野村
野村

中身はホコリなど詰まっておらずキレイになっていますし、ウイルス感染している心配もありません。

また、中古ショップ独自の保証やサポートがついてくることもメリットです。

故障リスクのある中古パソコンでも、保証が充実していることでリスクを抑えて購入することができます。

レッツノートをお得に購入できる中古パソコン専門店3選

レッツノートをお得に、かつ安心して購入できるショップを厳選して3つまとめました。

選定基準は、

  • 保証期間・保証内容が十分か。
  • レッツノートの在庫は安定しているか。
  • 価格を相場よりも高く設定していないか。

です。
中古パソコンは新品に比べて故障リスクが多少高いので、保証を重視して選ぶと安心。

パソコンの“保証”ってどんなサービス?

パソコンの保証とは、基本的に修理保証です。

使用中に壊れてしまったり不具合が起こった場合、保証期間内なら購入したショップに送れば修理サービスを受けることができます。

中古は新品よりも故障リスクが高いので、保証の有無はチェックしておきたいポイントです。

ショップ名ショップの特徴レッツノートのラインナップ詳細


PC WRAP
業界最長の3年保証
コスパ〇でサポートも手厚い
在庫30台前後
2019~2022年の比較的新しい機種が多い
詳細を見る


パソコン市場
品揃えの多さが特徴
保証は180~1年間と長め
在庫30台前後
古めの安い機種から最新モデルまで
詳細を見る


Qualit
レンタル上がりのPCを販売
長めの保証(12ヶ月)
少し古めだが、企業向けのリース落ち品を取り扱っており品質〇詳細を見る

関連記事>>【初心者ならここ!】中古パソコンショップおすすめランキング

【業界最長の3年保証】PC WRAP

PC WRAPの特徴
▪中古パソコン業界最長の3年長期保証。
▪30台前後と豊富なレッツノートの品揃え。全体的にリーズナブル。
▪発送までの早さ、送料の安さなどサービス内容が充実している。

数ある中古パソコンショップの中でも、PC WRAPは私が最も推しているショップです。

特徴は何と言っても保証の長さ。
3年保証がほぼすべてのパソコンに付いており、「中古って故障しそうで怖いな…」と感じている人でも安心して購入することができます。

野村
野村

9,999円以上購入で送料無料、14時までに注文すれば当日発送とサービスも充実しています。

レッツノートの在庫は30台前後と豊富で、2019~2021年頃の比較的新しい機種やハイスペック機種を取り揃えています。

迷ったら、とりあえずPC WRAPでレッツノートを探してみるのがおすすめです。

PC WRAP内ではカタカナで「レッツノート」と打って探すよりも、「Let’s note」と英語で打ち込んで探すほうがたくさん商品が出てきます。
以下のリンクから飛べば「Let’s note」と英語で検索した場合の結果が出てくるようにしておいたので、いちいち打ち込むのが面倒な人は試してみてくださいね。

PC WRAPで「Let’s note」を検索

関連記事
【買ってみた】PC WRAPで中古のノートパソコンを購入してみた結果…
【危険なサイト?】PC WRAPの評判「気を付けよう」の真相まとめ

PC WRAPのおすすめレッツノート

※在庫状況によっては同じPCが無い場合があります。

製品名Let’s note CF-SV8 (LTEモデル)
CPUCore i5-1.6GHz (8365U)
メモリ8GB
ストレージSSD 256GB
ディスプレイ12.1インチ(解像度1920×1200)
インターフェースUSB3.0 x 3,D-Sub15,HDMI,Bluetooth,WEBカメラ,USB(Type-C)×1,SIMスロット
付属品ACアダプター
メーカー発売日2019年
価格40,700円(本体+オプション合計)

2019年に発売されたSV8ですが、価格もかなり落ち着いてきました。
今レッツノートを中古で買うなら、まず最初に候補にあがるモデルです。

CPUはCore i5-1.6GHz (8365U)となっており、事務作業やネットサーフィンなど、一般的な使い方なら十分なスペック。
Windows11にもアップグレード可能です。

インターフェースも豊富で、レッツノートの強みである拡張性の高さを活かした使い方ができます。

中古であってもレッツノートの頑丈さ、軽さ、使いやすさはそのままなので、長く愛用できる1台です。

業界最長の3年保証。安心して使えるレッツノート

【ハイスぺ機種多数】パソコン市場

パソコン市場の特徴
▪在庫の多さ、ハイスペック機種の豊富さが特徴。
▪180日間の修理保証付き。
▪マイクロソフトの認可を受けて営業しており、信頼性が高い。

パソコン市場は、マイクロソフトが定めた品質基準をクリアしている再生PCを扱うショップです。

保証はPC WRAPに比べると短めとなっており、無償180日+オプションで最長3年。
不安な場合はオプションに加入することも検討しましょう。

ありとあらゆるパソコンの品揃えが豊富で、レッツノートに関しても例外ではありません。
レッツノートの品揃えに限定するとPC WRAPには一歩劣りますが、手広くパソコンを探しているなら一度は覗いてみると良いでしょう。

パソコン市場のおすすめレッツノート

※在庫状況によっては同じPCが無い場合があります。

製品名Let’s note CF-LV7
CPUCore i5-1.6GHz (8365U)
メモリ8GB
ストレージSSD 256 GB
ディスプレイ14 インチ(解像度1920×1080)
インターフェースUSB 2.0,USB 3.0,HDMI端子,VGA端子,マイク入力,ヘッドホン出力,SDカードスロット
付属品ACアダプター
メーカー発売日2018 年
価格74,800円

Let’s note CF-LV7は、レッツノートの中では大きな画面をもつモデルとなっており、画面の見やすさが強みです。

CPUはCore i5-1.6GHz (8365U)を搭載しており、中古パソコンのスペックとしては平均クラス
普段使いなら不便を感じることは少ないでしょう。

LVシリーズはインターフェースの豊富さも特徴のひとつで、USBはもちろん、映像用の端子、SDカードスロットまで、ノートパソコンに求められる機能が盛りだくさんです。

機能豊富なぶん他の中古レッツノートに比べると価格が高めですが、これらの機能にメリットを感じるなら検討しても良いでしょう。

中古パソコン在庫の多さが強みのショップ

【リース落ち品を取り扱う】Qualit

Qualitの特徴
▪法人向けのレンタルパソコンを販売。
▪12ヶ月保証。
▪\10,000以上の購入で送料無料。

Qualit(クオリット)は、運営している会社が法人向けIT機器のレンタル品を取り扱っており、そこから仕入れたレンタルパソコンを販売しています。

企業向けのレンタル品あがりと言うことで、個人で使われていたものに比べてパソコンの状態が全体的に良いことが特徴です。
また、製品ランク評価も厳しめに設定されており、下から2番目のBランクであっても他ショップの美品相当であるというレビューも。

保証は12ヶ月と長めで、引き渡しの翌日から12ヶ月以内の不具合なら無償で対応してくれます。

レッツノートの品揃えは10台前後とそこまで多くはありませんが、リーズナブル~高スペックモデルを幅広く販売。
「リース落ち」というワードにピンときた人はぜひ訪問してみてくださいね。

Qualit内ではカタカナで「レッツノート」と打って探すよりも、「Let’s note」と英語で打ち込んで探すほうがたくさん商品が出てきます。
以下のリンクから飛べば「Let’s note」と英語で検索した場合の結果が出てくるようにしておいたので、いちいち打ち込むのが面倒な人は試してみてくださいね。

Qualitで「Let’s note」を検索

Qualitのおすすめレッツノート

※在庫状況によっては同じPCが無い場合があります。

製品名Let’s note CF-SV9
CPUCore i5-1.7GHz (10310U)
メモリ8GB
ストレージSSD 256 GB
ディスプレイ12.1インチ(解像度1920×1200)
インターフェースUSB3.1(C)*1,USB3.1(A)*3,VGA*1,HDMI*1
付属品ACアダプター
メーカー発売日2020年
価格53,900円

Let’s note CF-SV9は2020年に発売された、中古レッツノートの中では比較的新しい機種。
SVシリーズはレッツノートの中でもスタンダードな位置づけなので、「迷ったらこれ」だとおすすめできるモデルです。

CPUはCore i5-1.7GHz (10310U)を搭載しており、中古ノートにしてはなかなかスペックが高め。
少々負荷のかかる作業でもこなすことができます。

持ち運びやすさと機能の豊富さ、高いスペックを兼ね備え、レッツノートのメリットを大いに感じられる1台です。

リース上がりの状態良好なパソコンを提供

【注意点】フリマアプリでレッツノート購入は避けるべき

上でも少し説明しましたが、フリマアプリやオークションサイトでのパソコン購入は最もオススメしません。
格安の商品が並んでいてお得そうに見えますが、それは安いだけのパソコンです。

出品者は嘘をついてはいないかもしれませんが、どれだけ古いPCでも商品説明の書き方次第で良いモノに見せることができます。

例えば、私の手元には12年前に購入したノートパソコンがありますが、

  • core i7のパワーでソフトがサクサク動く
  • ストレージ512GBの大容量
  • テンキー付きで手打ち作業がラクラク
  • バッテリーのみで駆動可能

と、12年前に購入したという事実を隠し、文面では良いパソコンであるかのように見せることができます。
実際には、ブラウザを立ち上げるのにも10秒以上かかるような、今となってはポンコツと言っても良いパソコンです。

野村
野村

バッテリー駆動も3分ぐらいで切れるウルトラマン仕様。

それを、本来であれば捨てるようなモノなので8,000円というパソコンにしては安すぎる値段を付け、値段が不自然になり過ぎないように今だけセール中と書いておき、しかも全国送料無料にして出品しておくとします。

ほとんどの人はスルーするかもしれませんが、パソコンのことを良く知らない何人かは「安い!」「今だけお得?」と飛びついてくれる可能性が高いです。

買ってもらえればこっちのもので、文句を言われても「嘘は言っていない」の一点張りで通し、購入者は泣き寝入り。

メルカリには返品システムもありますが、購入者の一方的な都合では返品できないようになっています。

出品者が明らかな嘘をついたりしていない限り、「買ったけどやっぱり欲しくなかった」や、「間違えて購入してしまった」などの理由は返品理由にならない可能性が高いです。

以上のように、明らかに使えないようなパソコンでも、書き方次第でいくらでも良く見せることができるので、メルカリで良いパソコンを購入するのは玄人でも至難の業なのです。

野村
野村

もちろん、優良な出品者もいます。
ただし見分けるのは難しいです。

今回はメルカリを例に出しましたが、ヤフオクなどのオークションサイトも同じような現象が起きるため、パソコンを買うのはおすすめしません。

関連記事>>【中古で失敗しないコツ】初心者が中古パソコンを買うときの注意点5つ

レッツノートおすすめ中古モデルのまとめ

レッツノートは企業向けのレンタル期間が終わったタイミングで大量に出回ることもあり、中古でも状態の良いものがたくさん販売されています。

2024年以降の中古Thinkpad狙い目モデルは、

  • LET’S NOTE CF-SV8(2019)
  • LET’S NOTE CF-LV8(2019)
  • LET’S NOTE CF-SV7(2018)

です。
長く使っていきたいなら、SV8などのある程度性能の良いモデルがおすすめ。

中古でも使えるスペックのレッツノートはたくさんあるので、ショップのラインナップをこまめにチェックして状態の良いものを確保しておきたいですね。

パソコン選びはチェックすべきところが多くて迷ってしまうかもしれませんが、この記事に書いてある内容を頭に入れておけば十分コスパの良い商品を探し出すことができます。

業界最長の3年保証。安心して使えるレッツノート

【2024年の狙い目は?】コスパの良い中古MacBookまとめ
詳細はコチラ
【2024年の狙い目は?】コスパの良い中古MacBookまとめ
詳細はコチラ